【東京】「中小企業等による感染症対策助成事業」 2022年4月からリニューアル

subsidy

東京都中小企業振興公社は、令和4年「中小企業等による感染症対策助成事業」について発表しました。

中小企業が感染防止対策として各業界団体の感染症防止ガイドライン等に沿った取組みを行う場合に助成金を交付します。

2020年度から実施してきましたがリニューアルを行い、2022年4月から「備品購入、内装・設備工事コース」と「消耗品購入コース」の2コースで実施します。

「備品購入、内装・設備工事コース」
・上限200万円・経費の2/3以内

「消耗品購入コース」
・上限10万円・経費の2/3以内(コロナ対策リーダー、認証店は4/5以内)

申請方法は、2022年1月4日(火)に公開予定です。

申請受付期間:2022年1月4日(火)~2022年3月31日(木)

2019年12月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生し、早2年が経過しました。

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発出され、飲食店やカラオケ店といったアルコールを提供する店舗は休業することとなったり、イベントの開催自粛となったりなど、感染爆発を防ぐため様々な対策が行われました。

2021年12月時点での日本の感染状況は落ち着いているものの、世界的なオミクロン株など変異株の流行があり、日本においても予断は許さない状況にあります。

コロナ禍によって、様々な業界で感染症対策が徹底されることになりました。

飲食店ではアクリル板が常備されるようになりましたし、市民のほとんどはマスクを着用しています。

今後も感染症対策は徹底していかなくてはならず、企業は感染症対策にコストをかけてなくてはなりません。

少しでも楽にするため、「中小企業等による感染症対策助成事業」といった助成金を活用することが重要です。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 中小企業等による感染症対策助成事業 助成金 感染症対策 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス対策 東京都 補助金
詳細はこちら

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ぐるなび」が「新型コロナウイルス感染症予防対応 多言語動画制作サービス」を開始
2020年10月7日、株式会社ぐるなびは、「新型コロナウイルス感染症予防対応 多言語動画制作サービス」を2020年10月6日から開始したことを発表しました。 「新型コロナウイルス感染症予防対応 多言語…
【東京】「先進的防災技術実用化支援事業」災害対応の製品改良・実用化に助成金1,000万円
公益財団法人東京都中小企業振興公社は「先進的防災技術実用化支援事業」について発表しました。 都内事業者が自社で開発した、都市防災力を高める優れた技術・製品・試作品の改良・実用化に助成金を交付するもので…
「サイバーリンク」が新型コロナウイルス対策向け顔認証ソリューション「FaceMe Health」を発表
2020年8月19日、サイバーリンク株式会社(本社:台湾新北市)は、「FaceMe Health」を発表しました。 「FaceMe Health」は、マスク検知、顔認証、体温測定をひとつのプラットフォ…
新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置が決定
2021年11月5日、外務省は「新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の行動制限及び外国人の新規入国制限の見直しについて)」を発表しました。…
資金調達支援の「SoLabo」が経営者向け「資金調達の無料相談」を実施
2021年1月5日、株式会社SoLaboは、緊急事態宣言対策の資金調達に関する無料相談を受け付けることを発表しました。 この無料相談は、再度発表されると予想されている緊急事態宣言に向けたものです。 緊…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ