世界最大のスタートアップ・コンテスト「Extreme Tech Challenge」 日本予選が2022年3月9日に開催

subsidy

2021年12月25日、XTC JAPAN運営委員会は、「Extreme Tech Challenge(XTC)」の日本予選を、2022年3月9日に開催することを発表しました。

「XTC」は、人類の課題をテクノロジーで解決するスタートアップを発掘支援する世界最大のピッチコンテストです。

世界中のVCや大手企業など71団体の連合により、16カ国21都市・オンライン公募で開催されます。

農業・食糧、環境・エネルギー、新素材、教育、実現技術、バイオ技術、デジタルヘルスケア、フィンテック、交通、スマートシティの10カテゴリにわかれ、事業計画の市場性と問題解決力を競います。

決勝出場スタートアップは、海外VCやグローバル企業による事業・資金調達の手厚いメンタリングを受けることができます。

日本予選では、日本を代表する2社を決定します。

エントリー受付の締め切りは、2022年2月4日(金)です。

2015年から開催されている「XTC」は、毎年世界中から6,000社以上がエントリーする大規模なピッチコンテストです。

SDGs(持続可能な開発目標)の達成のため、人類が直面する課題をテクノロジーとビジネスによって解決するスタートアップを発掘支援することを目的としています。

これまで、通信網がない場所でも位置情報をトラッキングできるロケーショントラッカーと付随技術を開発・提供するLynq社や、オンライン診療サービスを提供するDoctor on Demand社、陣痛トラッカーを開発・提供するBloomlife社など、様々なスタートアップに投資してきました。

海外VCの投資額は非常に大きいため、グローバル展開を考えているスタートアップにとってはまたとない機会といえるでしょう。

また、資金提供だけでなく、海外のネットワークとつながれることも大きなメリットです。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ Extreme Tech Challenge SDGs VC XTC エネルギー コンテスト スタートアップ スマートシティ デジタルヘルスケア バイオ技術 ピッチ・イベント ピッチ・コンテスト フィンテック 交通 実現技術 教育 新素材 環境 農業 食糧
詳細はこちら

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が資金調達
2021年3月3日、ワンダーラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 2020年7月の資金調達と合わせて、総額3.1億円の調達となります。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思…
ベンチャー企業データベース運営の「フォースタートアップス」が米国「Crunchbase」と提携
2019年7月16日、フォースタートアップス株式会社は、Crunchbase, Inc.と業務提携したことを発表しました。 フォースタートアップスは、国内の成長産業領域におけるスタートアップ・ベンチャ…
株式会社ファイレスキュー 飯田大貴|投てき型消火器の事業展開が注目の企業
投てき型消火器の事業展開で注目なのが、飯田大貴さんが2015年に創業した株式会社ファイレスキューです。 日本での火災件数は年々減少傾向にあるものの、一日当たり約95件の火災が発生しています。そのうち住…
Frich株式会社 富永源太郎|P2P互助プラットフォームの事業展開が注目の企業
P2P互助プラットフォームの事業展開で注目なのが富永源太郎さんが2018年1月に創業したFrich株式会社です。 P2Pとは「Peer-to-Peer(ピアトゥピア)」の略称で、端末がサーバを介さず端…
ゲシピ株式会社 真鍋 拓也 | eスポーツ英会話の事業展開が注目の企業
eスポーツ英会話の事業展開で注目なのが、真鍋拓也さんが2018年に創業したゲシピ株式会社です。 eスポーツは近年人気が高まっており、それを上手に活用したオンライン英会話学習は常に受講を希望する待機者か…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ